FC2ブログ

もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

川上村柏木から伯母谷覗・阿弥陀の森を経て山上ヶ岳へ(2017/10/02)


 みなさん、微妙にお久しぶりですこんばんは。


 9月中に登った山は大和葛城山だけで

 休日になると渓流釣りばっか行ってました。

 
 なのでこっちのブログの方はずっと放置してしまいました。

 
 なんとなくすんません。



 しかし山に行かないと

 確実に体重が増えますね(^o^)

 
 このまま本格的にデブ化するのも乙なものですが、

 このブログの更新が滞ったせいで上の方に広告が出るのは僕としては絶対に許せないので

 けっきょく山に登ることにしました。
 
 

 しかしすっかり怠け根性が定着しちゃってるので

 キッツいコースとかは絶対歩きたくない気分。




 なのでプチデブでも登れるであろう、

 川上村柏木から山上ヶ岳へ目指すルートを選択しました。

柏木map2017102011


柏木map2017102022


 過去に何度も辿ったことのあるコース。

 しかし、上の地図の円で囲ったあたり、ヒルが大発生していて

 かなりゲンナリさせて頂きました。



 今まで柏木コースでヤマヒルなんて見かけたこと無かったのになあ。 


 とくにこの
柏木20171002-068

 大迫道と合流している付近、

 シダが密生しているエリアのヒルの多さは異常。



 見づらい画像で申し訳ないのですが、

 だってだって一刻も早くここから立ち去りたかったの。。。


 んー。


 


 さてさて、登山口からしばらくはツマンネー植林歩きなので割愛。

 上記のヒル地帯を経て天竺平へ。

柏木20171002-008


 ここも単なる植林帯で、天竺的要素は皆無。


 標高1000を越えるあたりから

 自然林がチラホラ現れはじめます。

柏木20171002-010


 この日は雨天でほとんど何も見えぬ。


 カメラのレンズに水滴がひっきりなしに付着するので

 はじめはわざわざ拭いていたのですが、

 こらえ性のない僕はそれもだんだんメンドーになってきたので

柏木20171002-019


 しずくが付いたまま撮影することにしました(*^^*)



 谷の源頭部を登る↓

柏木20171002-023


 こういう薄暗いとこ大好き。



柏木20171002-027

 


 そして展望スポットで有名な伯母谷覗へ。


柏木20171002-030


 はい、予想通り何にも見えまてん。



 その上クッソ寒いのでさっさと先に進みます。


柏木20171002-033


 阿弥陀の森にある女人結界門にたどり着く。


柏木20171002-040

 これをくぐって原生の森の道を歩きます。

柏木20171002-041



柏木20171002-042


柏木20171002-043


柏木20171002-045


 コース途上にある幕営地で有名な笹の宿へは

 やたら滑る石畳を下りていきます。

柏木20171002-050


 笹の宿を過ぎ、山上ヶ岳が近くなると

 標高のせいか、紅葉している木が多少見られるようになりました。

柏木20171002-054


柏木20171002-056


 修験道の山である山上ヶ岳山頂の付近には

 たくさんの宿坊が存在します。

 そして修行を行うため、全国各地から行者さんが訪れます。

柏木20171002-058


 しかし、この日は雨のせいか誰とも会いませんでした。 


 通称「お花畑」とよばれる展望地にたどり着くと

柏木20171002-062

 山頂はすぐそこ。



 山上ヶ岳(1719.2m)。
柏木20171002-061


 写真だけ撮ると下山開始。



柏木20171002-065


 雨で濡れるのはいいとして、

 やっぱりあのヒル地帯の通過が気がかり。


 そして、気温の上昇した午後の下山は

 さらなる数のヤマヒルに襲われることになるのでした。




 おしまい。

 

  
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

mojimaroさん、こんにちは。

2日の昼頃から3日にかけて山は雨とガスっていて
先は何も見えない2日間でした。
安曇野も福島の山に行っていました。

お花畑では高山植物は咲いていませんでしたか?

晴れていましたら紅葉も始まっていて
綺麗でしたでしょうしまたトライしてください。
  • posted by 安曇野 
  • URL 
  • 2017.10/07 11:22分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 


>安曇野さん
こんにちは、コメントいつもありがとうございます!

久しぶりに山に登ったら生憎の雨で
全身濡れ鼠のようになってしまいました。
私的には雨模様の森の光景も
好きなんですが。

この山頂付近のお花畑は名ばかりで
いつ訪れても花が咲いているところを見たことがありません(笑)

そろそろ紅葉の季節ですね。
安曇野さんの素晴らしいお写真が楽しみです★
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2017.10/08 12:39分 

デブ化 

mojimaroさん、

 こんにちは。

 そうですか。mojimaroさんもデブ化ですか。
 私も、せっかく5kg落とした体重がしっかりと元へ戻ってしまいました。
 酒のせいに間違いなのですが、止められません。
 従って、六甲全山縦走も自信がありません。
 ちょっと減量、考えます。

六甲山探検隊

PS.大峰登山へのコメントでなく、済みません。
  • posted by 六甲山探検隊 
  • URL 
  • 2017.10/12 18:26分 

Re: デブ化 


> 隊長さん
こんばんは、コメントありがとうございます!

5キロ減量したのに戻ってしまいましたか(>_<)
安心してしまうとどうしてもリバウンドしますよね…。

私は甘いものに目がなくて、
夜中でもついつい口にしてしまうので
常に動かないといつの間にか
ひどい事になっていること、しょっちゅうです(笑)

健康面でも肥満はアレなんで
お互い減量を心がけないといけませんね。

と、いいつつ、
私はまったく自信がないですが(*_*)

あと、コメント頂ければ、どんな話題でも
大歓迎ですよー♪
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2017.10/13 02:30分 

NoTitle 

mojimaroさん、こんにちわ!
最近私用でPCに触らず放置気味でした。

このコースは阿古滝の下山ルートで使いました。
雰囲気の良いコースですよね^^
でも、こんなトコでヒルですか?? ちょっとビックリです。

そういえばアスカベ平の北にブドウ小屋屋敷なる場所気になりません?
こんど矢納谷を詰めて調査に行こうと模索中ですw
ただ詰め上がりが倒木地帯の谷なのでどうなるやら。。。
  • posted by RED EYE 
  • URL 
  • 2017.10/23 12:18分 

NoTitle 

>RED EYEさん
こんにちは、コメント大感謝!!

去年あたりから下多古~上多古周辺は
ヒルの猛攻がすさまじいです。
ここでは紹介していませんが、
下多古林道から南の勝負塚山を
目指した時は(途中で挫折)、濡れたブッシュから
無数のヤマヒルに襲われました。
偶然出会った沢登りの方々も
あまりのヒルの多さに辟易していたようです。
このあたり、夏は避けたほうがいいかもですね。

矢納谷、滝が連続して険しそうですね!
尾根から眺めると
南北一直線にV字に切れ込んでますよね。

私はこの谷自体は行ったことがありませんが、
この周辺はどこも厳しいのでどうかお気をつけて(*^^*)
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2017.10/24 14:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。