もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

大塔町篠原から関電巡視路、七面尾根を経て七面山へ(2017/07/02)


 みなさん、こんばんは。


 ちょっと前になるのですが、大峰支陵の七面山へ

 行ってまいりました。


 この山に登るのは二度目なのですが、

 今回は大塔町の篠原から関西電力の巡視路を利用させてもらい

 さらに七面尾根を伝って山頂を目指すルートを取りました。


 こんなコース↓

篠原20170702jpg1

 注意すべき箇所は地図上のAとBの地点。

 気をつけないと進むべき尾根と違う方向に向かってしまいます。

 あとは大したことなかったなあ。。。。


 



 まずは大塔町篠原を流れる、舟の川本流と

 谷の口谷と呼ばれる谷(←なんじゃこりゃ)の合流地点付近(三ノ又)に

 車を停め、あるきはじめます。



 まずはこの↓

篠原20170702-002

 関西電力の鉄塔が立ち並ぶ尾根の入り口を目指す。


 しばらく歩いていくと
篠原20170702-097

 右手に上記の尾根の取り付きが現れるので

 ここから山へ入っていきます。


 これが関電の巡視路。

 この路は以前、下辻山という地味山を登った際に利用したことがあるのですが、

 急登であることを除けば危険な箇所もなく

 容易なコースだと思います。





 一本目の鉄塔までは
篠原20170702-101

 こんな陶器製?の木階段が続くので

 わりと歩きやすい。


 篠原20170702-104

 
 一本目の鉄塔を過ぎると

 踏み跡薄い道となりますが、ただ尾根を忠実に辿っていけば

 迷うことはありません。


 3本目の鉄塔で、送電線は尾根を外れて左方向に流れて行きますが、

 人間はそのまま尾根通しで歩いたほうが無難。


 一時間ほど歩いて、七面尾根の支尾根(下辻山登山道)に合流。


 合流直後はこんな↓ 

篠原20170702-105

 ごちゃごちゃとした見た目がうるさい登山道ですが、


 やがてすっきりとした

篠原20170702-110

 美しい森の道になります。


篠原20170702-112

 
 七面尾根に合流。

 合流地点の近くに下辻山がありますが、

 今回はスルー。


 七面尾根も素晴らしい森の中をゆく道でした。

篠原20170702-116



篠原20170702-118

 
 地図上のA地点付近に到達。

篠原20170702-120


 このまま普通に直進すると十津川村のほうへ

 降りていってしまいます。



 一応注意書きらしきものはある↓
篠原20170702-121


 中ノ川へ降りる道もワイルドで趣き深いですが

 下山直前の宇無ノ川の絶壁にかかっている吊橋が

 腐って通行不可になっているので避けたほうが良さげです(確認済み)。


 七面尾根を忠実に辿っていくと、

 これまた分岐がややこしい地図上のB地点に達しますが、

 不正解のほうは急激に下っていく道なので間違っても途中で気づくと思います。


 緩やかな尾根を進む。

篠原20170702-123



 やがて木々の間から大峰主稜線の

篠原20170702-125

 釈迦ヶ岳が見え隠れする。

 
 登山歴3ヶ月のギャルから漢臭い山賊にまで愛されるこの山。

 間近でみるとやはり感無量な気分になります。




 と思ったら

篠原20170702-130


 どこから来たのか、林道がいきなり現れて

 ちょっと興ざめする(笑)


 しかし再び、踏み跡薄い山道となります。

篠原20170702-131


 何度か尾根は岩稜になりますが、

篠原20170702-134

 その全てを安全に巻くことができました。


 歩き出しそうな木↓
篠原20170702-135


 この辺りから七面っぽく、木の根が這う

 細い尾根となっていく。


篠原20170702-137

 ↑写真にしたら全然細くなかった(笑)


 僕のカメラは細いものでも

 ラ○ザップでいうビフォアー状態に映ってしまうようなので

 撮られた人は写真を見ても怒らないでね!



篠原20170702-138


 歩行開始から4時間経過。

 さすがに体力的に辛くなってきました(笑)

 夏の低山はかなり堪えますね。。。。


 なにより持参の水が乏しくなってきた。



 七面山一般登山道と合流。
篠原20170702-140


 正直ちょっとホッとする。


 ここからも痩せ尾根が続きます。

篠原20170702-143

 まあハイキングコースだけあって危険度は薄いですが。


 七面山西峰への最後の登りは緑輝く斜面の中。

篠原20170702-146


 まあ、この頃の僕はちょっとした斜面でもキツすぎて

 周囲を楽しむ余裕なんて皆無でしたが。


 七面山西峰(1624m)に到達。
篠原20170702-148


 ここは案内板しか無いので写真だけ撮って

 さっさと退散。


 七面山は双耳峰なのでもう一方の東峰に向かいます。


 途中の暗部からアケボノ平が見える。
篠原20170702-150


 この時点で水が枯渇したのでちょっと焦りました(*_*)


 登り返すことすぐで七面山東峰(1624m)。
篠原20170702-152


 ようやく目的が達成できたことよりも

 水の心配のほうがまさっていたので

 ここもとっとと退散。


 行く予定には無かったのですが、アケボノ平付近なら

 水場がありそうなのでそちらへ向かってみました。


 するとアケボノ平より少し手前の斜面に

篠原20170702-154

 良さげな源流帯が。


篠原20170702-153


 ふう、なんとか助かったぜ。


 存分に水分を補給し、下山開始。


 せっかくなのでアケボノ平に立ち寄り、

 大峰主稜線をはじめ、周囲360度の風景を堪能しました。

篠原20170702-158


篠原20170702-162


 帰りは七面山一般登山道を使い、

 無事に下山。

 久しぶりにガッツリ歩いたので

 よい意味で疲れました^_^


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

mojimaroさん、こんばんは。

この空梅雨の猛暑中結構良い汗をかきましたでしょう。

登山道も歩き易く緑も多く良い場所ですね。
山には高山植物は見つからなかったでしょうか?

お疲れさまでした。
  • posted by 安曇野 
  • URL 
  • 2017.07/19 23:06分 

NoTitle 

>安曇野さん
こんにちは、コメントいつもありがとうございます!

この日はとんでもない大汗をかいたおかげで
汗臭さも半端なかったです(笑)

大峰は野生動物、とくに鹿が多すぎて
食害が激しく高山植物がほとんど
見られない状態です。
動物が踏み込めない岩峰にひっそりと
咲いている、そんな環境ですね。。。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2017.07/20 11:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

mojimaroさん、ご無沙汰しております。

七面尾、気にはなっていたので有り難いレポです^^
七面山にも林道がなるなんて驚きです。。。

神仙平も気になっているので、少し涼しくなったら行こうかなw
  • posted by RED EYE 
  • URL 
  • 2017.07/28 11:52分 

NoTitle 

>RED EYEさん
こんばんは、コメント感謝です!

七面山いいですね。
アケボノ平からの風景もよく
人も少ないので私も大好きな山になりました。

今回たまたまアケボノ平の近くで湧き水が見つかったのは
個人的に収穫となりました。
これでアケボノ平で幕営が可能になりそうです。
ただ、梅雨期にもかかわらず、水量が少なかったのが
心配ですが。。。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2017.07/28 20:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。