FC2ブログ

もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

上北山村天ケ瀬から清明ノ尾を経て、行者還岳へ(2016/5/22)

 みなさま、お久しぶりです、こんにちは。



 すっかり更新が滞っていますが、

 けっして他界しちゃったってわけじゃありません。

 
 割りと山にも登ってますよん。


 ということで、もう一ヶ月以上も前、
 
 大峰山系の行者還岳へ行ってまいりました。



 今回はこのルート↓(ピンクが山道、紺が林道)

天ケ瀬200map2


 
 
 4月に行者還岳へ登った際、論所ノ尾から一のタワに出るコースで熊に出会ったので、

 もう二度とくまちゃんとは遭いたくないボクは、

 この道は避けて

 ナメゴ谷を挟んで一つ北側の尾根(清明ノ尾)から初めて登ることにしました。


 ここなら安心ってワケじゃないけど。。。。


 そしてこのルート、ほとんどが整地された歩きやすい林道で、

 楽な道が大好きなボクにとっては

 いやもう、それはそれは良いコースが見つかったと

 ほくほく顔で帰ってきたのですが、

 その後、親しくさせて頂いている、

 段平さんがブログ上で国道309号線(上の地図でいう茶色の道ね)をかなり遡ったところにある登山口から

 この尾根を目指す素敵なルートを紹介されているのを発見して、

 自分自身の情報能力のなさに愕然としてしまいました。



 そして、自信を喪失したボクは

 引きこもりがちになって

 ブログを更新せず、今に至ったという次第です(これは嘘)。



 次回、行者還岳を目指すときは、

 おそらく段平さん紹介のコースになると思います。


 なので、今回のルートは

 これが最初で最後でーす。




 天ケ瀬川にかかる橋から歩行開始し、

天ケ瀬120-275

 わたったら、作業林道を左方向へ。

天ケ瀬120-276



 靴を泥だらけにしながら未舗装の林道を歩いて行くと

 やがて林道の終点にたどり着く。

天ケ瀬120-277


 同時にここが清明ノ尾の取付きのようなので、

 ここから山道に入って行きました。

天ケ瀬120-280


 尾根通しの道なので、迷うことはありませんが、

 当然、時々ブッシュがあって歩きづらいところもある。


天ケ瀬120-284


 
 かつて送電線鉄塔があったと思われる場所に立ちます。

天ケ瀬120-285


 わずかに大台ケ原方面が望めますが

天ケ瀬120-286


 ここももうすぐ樹木の成長で

 森に覆われるでしょうね。。。。


天ケ瀬120-291


 そこからもしばらくは、踏み跡薄い道ですが、


 ある程度登って行くと、

天ケ瀬120-295


 なんの脈絡もなく林道と合流。


 どこから来たのかなー。


 そしてこの林道、

 尾根に沿って続いているようなので

 基本ぐうたらなボクは何の迷いもなく、これを利用することにしました。



天ケ瀬120-302

 本線A 行者還岳線っていうらしい。


 ヒネリのないネーミング。



天ケ瀬120-315


 楽な上に、自然林も豊富で

 かなり気分がよろしくってよ。


天ケ瀬120-320


天ケ瀬120-322



 
 でもなぜか、道の上に

天ケ瀬120-319


 ゴルフボールが。。。。


 だれだ、こんな山ン中でゴルフするのは(笑)




天ケ瀬333




 おもいっきり、木に


天ケ瀬120-326

 顔面チョップを食らっている、トラックの残骸。





天ケ瀬120-331


 清々しい道が続きます。
 
 
天ケ瀬120-337


 やがて再び登山道へ。


天ケ瀬120-367


 ここから大峰の奥駈道まで少しですが、

 結構勾配が辛かった。

 
 段平さんは急登でもなく、かといってゆるくもない

 ちょうどいい登りだとおっしゃってましたが、



  堕落したボクにはかなりシンドかったです(^q^)



 そして奥駈道と合流。

天ケ瀬120-340


 ここからはおなじみの道。


天ケ瀬120-341

 
 いい季節だったので何人もの登山者とすれ違います。


天ケ瀬120-346

 樹間から大普賢岳とその周辺の連峰。



 行者還岳直下の山小屋↓
天ケ瀬120-353

 かなり人で賑わっている。

 みんなどこから登って来たのかなあ。


天ケ瀬120-360
 
 少し崩壊したところもありますが、

 まあ問題なし。



 行者還岳山頂(1546.2m)にとうちゃーく。
天ケ瀬120-355


 少しばかりの風景写真を撮ってみました。



天ケ瀬120-356

 ↑今年はまだ登っていない、弥山&八経ヶ岳方面


 人がどんどん登ってくるので邪魔にならないよう

 さっさと下山。


 当初、帰りは来た道を引き返そうと思いましたが、

 登る途中で合流した林道をそのまま通しで下ることにしました。


 林道途中で見た光景↓
天ケ瀬120-372

 今回登った、よく見たら面白いカタチの行者還岳。

 
 
天ケ瀬120-375
 大普賢岳。


 やがて林道の路面がコンクリートとなり、
天ケ瀬120-378


 さらに下りて行くと
天ケ瀬120-380

 どこかの林業会社の広場に到着。


 ここまでクルマで来れそうだったのですが、

 途中、車止めが設置されているので、それは不可能。



 ここにある沢から水を採っているみたい↓
天ケ瀬120-381


 ここから麓に伸びている、林道をどんどん下って行くと

 やがて朝、歩行開始した橋に到達しました。

 
 今回のこのコース、

 道はラクだったのですが、ちょっと林道歩きが長すぎるかな。



 他にいいルートがある以上、

 もう来ないと思います。

 
 うーん、残念。  

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

こんばんは。

初夏の新緑はさぞかし空気が美味しかったでしょう?

それにしても一人でタフですね。
何時も感心します
  • posted by 安曇野 
  • URL 
  • 2016.06/28 21:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

今晩は。山の緑がきれいです。
梅雨時の今は湿度が強い分もっと緑がふかくなっているでしょうね。
山の中の自動車のスクラップも面白いですね。
私の住む里山にもわりとスクラップの車や重機を見ますね。
物置がわりだったりしますが。
  • posted by しおチャン 
  • URL 
  • 2016.06/28 21:27分 

Re: NoTitle 

>安曇野さん
コメントいつもありがとうございます!

この日、新緑が眩しく、
いい山行となりました。

今回、整地された林道歩きがほとんどで、
かなり楽でしたよ(笑)

これから暑くなりますが、
どうかお体だけはお大事に…。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.06/29 21:01分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

> しおチャンさん
こんばんは!コメント感謝です!

崩落などで下界から隔離された古い林道は
近代遺跡(笑)の宝庫で、博物館にあるような
乗り物が錆び錆びのまま
放置されていることがあります。

昭和の匂いただようダットサンが人知れず
朽ちていく様は、結構切ないものですね。


ps.しおチャンさんおすすめの本、
 読ませて頂きました!
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.06/29 21:17分 
  • [Edit]

ダットラ 

mojimaroさん、こんにちわ!
このルートのダットラ、facebookの友人の写真にもありました。
林道歩きが長いのはちょっと足にキますものね~。
行きはイイケド帰りは心がへし折られちゃいますw

しかし、伝説のプロゴルファー猿が実在したとは。。。
あっ、奈良は柿の木が多いですものね!
パーシモンのヘッドを沢山作れるからか!
きっと猿が試し打ちをしたのかもしれませんね^^
  • posted by RED EYE 
  • URL 
  • 2016.07/01 18:04分 

NoTitle 

>RED EYEさん
こんばんは、いつもコメント感謝です!

この破壊されたトラックは結構有名
みたいですね。

このクルマの持ち主も
こんなカタチで世間に
知れ渡るとは思ってなかったでしょう(笑)

ゴルフボールは山深いところで
突如として落ちてました。
こんな山中でゴルフをするなんて
やっぱりヤツしかいませんね!
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.07/02 23:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。