FC2ブログ

もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

クリスマスイブに七面山に登りました(2015/12/24)

 みなさん、こんばんは!


 去年のクリスマスイブの事なのですが、

 一人さびしく山登ってきました。


 どこに行こうかちょっと迷ったのですが、

 クリスマスといえば七面鳥だけに、


 七面鳥。

 七面ちょ…

 七面t…

  
 七面山!



  ってことでお馴染みの大峰主稜線から


 わずかに離れたこの七面山に初めて登ってみることにしました。





 無理やりすぎる???




shinohara120map4.jpg







shinohara120map5.jpg

 五條市大塔町篠原の通行止めからはクッソ長い林道歩き。


 それを2時間、登山口へ。


 あとは踏み跡を探しながら七面尾根に乗り、山頂へ。







 今年もまた一人で過ごす

 クリスマス・イブ。


 登っていた当初は世の中に対する

 怒りに満ちた内容にしようと思っていたのですが、

 年が明けた今となっては

 割りとどーでも良くなりましたw




 うはは。。。





 国道168号線から殿野篠原林道へ入ります。


 途中にある見晴らしのいい高野辻ヘリポートですが、

shinohara120-001.jpg

 雨天のせいで何も見えねー。

 晴れる予報なのになかなか止まない雨。

 山行かずに、もうここでいいかなーって気分にチョットなる。



 篠原の集落を過ぎ、車両通行止めに到着。


 ここから登山口まで延々と林道を歩きます。

shinohara120-004.jpg


shinohara120-007.jpg
 ↑の橋を渡って左へ河を渡れば、トップリ尾へ。

 今回はもちろん右の七面山登山口へ向かいます。


shinohara120-012.jpg

 
 渡渉が必要な車止めにたどり着くまでは

 崩落もなく綺麗な道でした。



 そしてこれが渡渉地点。ここまでは自転車で来るのがベストかも。
shinohara120-014.jpg


 このコンクリートの上はべっとりとした水垢がこびりついているので

 渡ることは困難。


 なので川の中にある飛び石伝いに向こう岸に渡ります。

shinohara120-125.jpg


 ポンポンポンとテンポよく、石に飛び乗っていくボク。



 ウハハ、まだ若いのー♪


 と調子に乗ってたら、


 最後の石をみごとに踏み外してバランスを崩し、


 結局、ケツから川へ豪快にダイブ。。。。



 オシリ冷たいし、

 クリスマスに何やってんだと泣きたい気持ちになりました。





 これを渡ると道標。
shinohara120-015.jpg


 登山口まで3.8km。



 まだそんなにあるのか。



shinohara120-016.jpg

 コンクリートの歩きやすい道かと思ったら、

shinohara120-019.jpg


 いきなり崩落が。


 この上部を巻くことが出来ますが、あまり上がりすぎると

shinohara120-020.jpg


 こんなふうに降りづらくなるので注意!



 shinohara120-024.jpg


 所々に水場があり、飲料水には困らないかも。


 上に上がるにつれて
shinohara120-025.jpg

 道が荒くなっていく。





shinohara120-027.jpg

 て、ことでもなかったわ。


 
 林道歩きに超絶飽きたころに
shinohara120-033.jpg

 ようやく登山口に到着。


 ここからも植林帯の面白みのない登山道ですが

shinohara120-036.jpg
 
 とくに歩きづらくもなく、ガンガン高度を上げていく。


shinohara120-043.jpg


 自然林が混ざってくると稜線も近い。


shinohara120-045.jpg

 稜線に乗る。

 ここからは木の根張り出した痩せ尾根の連続。


 この時には雨は止んでいたのですが、濡れた根っ子が滑ってどうしようもない。



 危ない危ない。




 ボクは日常生活では、

 だれからも性格がクドいと言われる人気者なのですが、

 みなさんにもその片鱗を味あわせてやるー。




 何の面白みもない、濡れた木の根の連続写真をどうぞ♪

 shinohara120-048.jpg


shinohara120-049.jpg


shinohara120-050.jpg


shinohara120-051.jpg


shinohara120-052.jpg


 これをこなせば

 眼前に笹原の斜面が現れ、

shinohara120-055.jpg


shinohara120-116.jpg





 登り切るとやっとこさ七面山西峰(1619m)に到達しました。


shinohara120-058.jpg

 
 七面山は西峰と東峰で成り立ってるぽい。



 登ってから気づくといういい加減さ。 




 ところで、この時期にここまで雪は全くナシ。

 本当に暖冬ですね。


 ここから一旦南の尾根を伝って、

 絶景で有名なアケボノ平というところへ向かいました。


 
 
shinohara120-060.jpg


 shinohara120-062.jpg


 しかしガスが強く、ほとんど何も見えませーん。



 これより先に槍ノ尾ノ頭というピークがあるみたいなので

 ついでに行ってみました。


 たぶん何もないと思うけど。



 そして

shinohara120-070.jpg


 やっぱり何も無かったです。



 ここを折返して

 再びアケボノ平へ。


 すると、



shinohara120-083.jpg


 うおーガスが消えとる!





 ですが、やはり周りの山々を見渡すと

shinohara120-092.jpg


 微妙にガスってて残念なことに。




 ボクにはサンタは居なかった。。。

 

 雨の日はもちろん、雨後もこの山には来ないほうがいいですね。


 根っ子が滑るし、風景はイマイチだし。





 七面山は必ず快晴の日に登ろう! 
 






 mojimaroさんとの約束だよ。





 西峰に戻り、ここから東に位置する東峰を目指します。

shinohara120-102.jpg

 フィックスロープや鎖の設置された尾根道を進むと、


 わずかで

shinohara120-103.jpg


 七面山東峰(1624m)に到達。


 風景は望めません。


 周辺はこんな感じの原生の森↓

shinohara120-104.jpg


 このままさらに東に進むと大峰主稜線(奥駈道)に合流するぽいですが、

 時間があまりないので元来た道を戻ることにします。



 大峰の奥駈道より自然が残っている感があり、


shinohara120-118.jpg

 新緑、紅葉の頃は素晴らしい光景を見せてくれるであろう

 山だと思いました。


 季節を変えてまた訪れてみたいものです。


shinohara120-120.jpg


 登山口にあったヘンテコな機械。


 これなにか、誰か教えてくれたらありがたいです。




 帰りも退屈な林道歩き。

 
 誰もいないし、カラオケの持ち歌を熱唱しながら歩いて行く。




 でもレパートリーの少ないボクは全曲3周したわ(笑)


 
 21世紀につくられた曲知らんし。





 車についたころはもうすでに薄暗い。


 クリスマス・イブの月でございます↓
shinohara120-127.jpg


 この長い林道歩きさえなかったら何度でも来てみたい山なんですが。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

道がすごいことに 

林道が良い頃一度歩きましたが、今はようい来ません。
久しぶりにあけぼの平の素晴らしい景色を思い出しました。あの機械は林業で使うもので、写真手前のプーリに横に設置した発動機(エンジン)から平ベルトで回転を与え真ん中の変速機で向こう中央の歯車に相当低い回転を伝えます。大きなロール状の機械の向こう側のリールは、山中で木材を運ぶ索道を張るとき、まず細いワイヤーを人力で機械までひっぱてきて太くて思いワイヤーを巻き上げます。手前の少し中がへっこんだローラーはここに細いワイヤーを2~3回巻き付け回すと滑らないので太い本索道につるした本体を行ったり来たりさせるものです。「木材集荷索道」で検索してみて下さい。
  • posted by 紀州のカモシカ 
  • URL 
  • 2016.01/04 07:24分 

 

>紀州のカモシカさん
はじめまして、明けましておめでとうございます!
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、林道歩きかなり長かったです(>_<)
しかし初めて登った七面山、自然美を存分に楽しむことができました。

なるほどこの機械、木材を運搬するためのものなんですね…。
巨大なカタツムリに見えて面白く、興味深かったのです。
解りやすいご説明、本当に感謝です。

見た感じ錆びがひどく、使われている風には見えませんでした。
他に運搬手段が確立されて、放置されているんでしょうか。



  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/04 08:30分 
  • [Edit]

おめでとうございます 

流石健脚。
私の行きたい所を何気に行くmojimaroさん
軟弱な自分は非難小屋一泊で計画しましたが
一人で小屋に泊まるのが怖くて実行していません。
コトシモヨロシクお願いします。
  • posted by 段平 
  • URL 
  • 2016.01/04 18:42分 

 

>団平さん
明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いします。

この山は林道歩きが長いだけで、さほど苦労はしませんでしたよ。
それも王子製紙の車止めまで自転車を走らせれば、かなり短縮出来ると思います。

奥駆道から入ると、かえって遠くなりそうです。

登山口からしばらくは植林帯のそこそこな登りでしたが、長くは続かないので問題ないと思います。

あと、殿野篠原間の林道の途中に白土山登山口というのがあったのですが、どんな山なんでしょうね。
ちょっと気になります。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/04 21:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

凄い林道で足を取られ登るのに大変でしたしょう?
七面山・・・面白い名前の山ですね途中ゴルフが
出来そうな見た目グリーン芝?が一面良いですね。

登山口に逢ったへんてこな機会はウインチだと思います。
ワイヤーを使って山から木を出すときに使ったと
麻績ますよ・・・
  • posted by 安曇野 
  • URL 
  • 2016.01/04 21:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

>安曇野さん
こんにちは、コメント感謝です!

このあたり、かなり山奥まで林道が伸びていますが
ほとんどが放置されていて、荒れ放題な状況でした。
この山域を含め、紀伊半島は雨量が多いので、山の管理が大変なんでしょうね。

たしかに笹原がゴルフ場に見えますね(笑)
OBだしちゃうと崖下400mまでボールが落下していきますが。。。

紀州のカモシカさんもおっしゃってましたが、やっぱり林業で使うものでしたか。
もしかして知らないのは私だけ><?
サビサビのまま放置されていて、すでに使われていない様子でした。



  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/05 13:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

mojimaroさん、今晩は。
山の中というのは面白いですね。
人の都合なんかとは関係のない世界です。
そこにいくと、すなおに自分が見えてくるような気がします。

性格がクドイというのは、多分ものごとをよく見るということ
だと思います。それだけ他の人よりたくさんのことが見えてきます。
なんであれこれは大切なことです。
私の経験では、気づきのない人くらい退屈な人はいません。
だから、これはとても大切なことなんだと思います。
  • posted by しおチャン 
  • URL 
  • 2016.01/05 20:23分 

NoTitle 

>しおチャンさん
こんばんは、コメントありがとうございます!

仰るとおり、山は人の都合など全く通らない世界ですね。
でも逆に言えば、山のルールさえ守れば誰にでも、素晴らしい非日常を体験せてくれることもまた事実です。

下界とは違い、頑張れば平等なものを与えてくれるから、山好きがこんなにたくさんいるのだと私は思います。

ははは><
性格クドくて褒められたのは初めてです、ありがとうございます♪
私はどちらかと言うと、大多数の他人がどうでも良いことにこだわりすぎる反面、重要なところでチョンボする人間ですよ(笑)

ちなみに顔も比較的クドめです。。。。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/05 21:12分 
  • [Edit]

七面山! 

mojimaroさん、こんにちわ!
そこ行きたいんですよね~。
折り畳み自転車車に乗っけて行こうかな~。
神仙平も行きたいし、春先にチャレンジしよ♪
168から篠原までは車で行けるんですよね?

でもデポったチャリをパクられたら怖いな。。。

  • posted by RED EYE 
  • URL 
  • 2016.01/06 11:47分 

NoTitle 

>RED EYEさん
コメント感謝です!いつもありがとう><

七面山、ヨカッタですよ!

168号線からは、2箇所篠原へ向かう道があるのですが、
大塔支所前から入る方を選んでください。
宇井からの分岐は多分途中で通行止めかと。

3月に入ると渓流が解禁になって釣りの連中が大挙して押し寄せてくるので、登るならそれまでか、4月に入ってからのほうが良いかもしれません。
あいつらは私も含めて手癖の悪いヤツが多いので(ぇ

それにしても神仙平とかすごいネーミングですね。
大峰は大普賢岳とか発狂ヶ岳とか、中二病わずらわせたような名前が多いので、好感が持てますね。

  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/06 14:12分 
  • [Edit]

こんにちは! 

しかし、何時ものことながら凄いところを登られますね!
私なら長い林道でアウトですよ。

寂しがり屋の私はついつい人気の山を中心に登ってしまいます。
たまには人里離れた寂しい山も良いと思うのですが・・・

このコースで何キロですか?

お疲れ様でした。
  • posted by yoshiyuki 
  • URL 
  • 2016.01/11 13:37分 

NoTitle 

>yoshiyukiさん
こんばんは、コメントありがとうございます!

ここは道もわかりやすい上に危険な箇所もなく、
そんなにすごくは無かったですよ(笑)
長い林道歩きには辟易しましたが。

私はよく知らない人がいるとむしろ落ち着かないタチなので
、こんなヒトケの無い山が大好きです。
個人的にこの山はオススメです☆

距離ですか。
うーん、たぶん25から30キロぐらいだと思います。。。
林道を自転車で走ればもっと詰められるはずです。

  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2016.01/11 20:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。