FC2ブログ

もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

熊野の磯でボウズ喰らいました(2015/11/11)

 こんにちは、みなさま。

 
 タイトルの通り、わざわざ三重県熊野まで釣りに行って

 パーフェクトボウズをもらってきました。



 まったく何も釣れない、

 釣れる気配さえないという

 完全にお手上げ状態

 でーしーたー。




 しかも、地磯(陸続きの磯)をいくつも回ったので

 釣りをしている時間より、そこに行くまでの

 山歩きの時間のほうが長かったという。



 それが本当に疲れた。



 先日の三峰山よりよっぽど辛かったです(笑)



 こーんな↓

kumano121-002.jpg

 遊歩道的な道ならまだしも



kumano121-004.jpg


 ツルを掴んでよじ登ったり


kumano121-003.jpg


 岩場を降りたり上がったり、大変でした。


 

 そんな歩きばかりの釣行だったので

 
 うっかり、


 海の写真を全く撮ってなかったっていうね!
 
 



 このままだと本当は登山に行ったんだろ!

 って言われても仕方ないですね☆


kumano121-005.jpg




 それにしても熊野の海は手強い。  


 またいつかリベンジしたいものですね。


 
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

ぼうず、残念でした。
磯釣りのための熊野縦走というのは
新しい山歩きですね。
  • posted by しおチャン 
  • URL 
  • 2015.11/12 21:48分 

 

>しおチャンさん
いつもコメント感謝です!

山で藪道は慣れているつもりでしたが、久しぶりに釣りの道具を持って歩くと予想以上に大変であることがわかりました。

わざわざ遠出したのに結果が伴いませんでしたが、なかなかいい運動にはなりました(笑)

  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2015.11/12 22:31分 
  • [Edit]

こんばんは! 

こんばんは。

私もリンク張らせて頂きました!
(事後報告(笑))

よろしくお願いします。
  • posted by yoshiyuki 
  • URL 
  • 2015.11/13 20:00分 

NoTitle 

>yoshiyukiさん

ありがとうございます!リンクさせていただき光栄です。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2015.11/14 10:12分 

ぼうず 

mojimaroさん、こんばんわ(`・ω・´)ゞ

いやはやアドベンチャーな釣りですねw
登ったり釣ったり歩いたりと楽しそうです。

で、何で釣れないとぼうずって言うのか気になって調べちゃいましたw

髪の毛が一本もないことが由来だそうです。
。。。これ 世の毛の薄い男性をディスり過ぎですよねw
  • posted by RED EYE 
  • URL 
  • 2015.11/14 20:19分 

NoTitle 

RED EYEさん
こんばんは、ありがとうございます!

地磯の釣りは源流釣りなんかもそうなんですが、
登り下りをこなせる脚力とそこそこ地図読みの基礎が必要なので、山好きならたぶんハマると思います。
鬱蒼とした常緑樹のヤブ山をゆくのは辛いものがありますが、それを突破して強烈なほどにブルーの海に出た時の爽快感はいいようがありません。

今回その写真を撮り忘れましたがw

ケがない=坊主
ですね。
ちなみに私の近くで髪の話題はタブーです(ぇ

ほかには「オデコ」とか
ネットスラング?で「ホゲる」というようです。
ホゲるの語源はわかりませんが。
  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2015.11/14 22:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

釣りも坊主(ボウズ)ではがっかりですね。

場所は良くわかりませんが熊野は
聞いたことは有りますが磯釣りに行くのに
何で山道を歩くのでしょうか?

ボウズでも怪我が無くて良かったです。

  • posted by 安曇野 
  • URL 
  • 2015.11/15 20:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

>安曇野さん
こんばんは、いつもコメント感謝です!

熊野はかつては紀伊半島南部の総称でした。
いまは三重県の東南部と和歌山の南部の所々にその地方名の名残があります。
ちょっとややこしいですが。

ルアー釣りは、渡船利用が主体の荷物の多いエサ釣りと違い、身軽で機動力に長けているので陸から山を突っ切って磯に入ります。
超大変ですが、そのほうが人が少なく穴場的なポイントが数多く残っているからです。

磯まで山が多いのは、地形的に険しい上に塩害が激しいので開墾には向いてないため、結果自然が残っているのだと思いますが。。。

まあ、今回は残念でしたが、たしかに事故に遭わなかっただけでも良しとします(笑)







  • posted by mojimaro 
  • URL 
  • 2015.11/15 21:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。