もじもじ草子

あんまり頑張りたくないスペランカー野郎のハイキングブログ。ほかにネトゲとか釣りネタを気分で書きます。

Entries

梅雨期の明神平&桧塚奥峰(2018/06/10)


 こんばんは、みなさま。



 10日ほど前の日曜日、みんな大好き明神平アンド桧塚奥峰に
 
 行ってまいりました。


 みんな大好き山は、人見知りマンの僕にとっては

 どちらかというと苦手なんですが、

 この日の予報は雨模様とのことらしいので

 普段よりかは人も少ないだろうと思って赴いた次第です。

 

 登山口のある東吉野村に入る。



 運転している自分が微妙に車酔いしそうな

 ウネウネ林道をさかのぼって行くと

 終点近くの駐車場に到着。


大又20180610-036


 僕の軽四以外、他車両はなし(*´ω`*)

 梅雨時とはいえ、日曜日というのにここまでハイカーがいないとは。。。。


 支度をし、残りの林道をダラダラと歩いていくと

 やがては登山道に入っていく。

大又20180610-048



IMGP3626.jpg


 小雨が降ったりやんだりの天候。

 新緑が絶えず洗われて、時折さす日差しにかがやく。

 こんな雰囲気嫌いじゃないです。

 
 以前、少しですが一旦沢に降りなきゃいけない箇所は

大又20180610-053


 木橋が架けられてありました。

 
 うん、正直ホッとしたー(^q^)


 ここからの道は特に歩きやすくなります。

IMGP3636.jpg


IMGP3648.jpg


 普段なら必ずと言っていいほどこのあたりで

 人とすれ違うものですが、本日に限っては誰とも出会わない。


 しかし明神平に近づくにつれて、

大又20180610-059



大又20180610-061

 霧が濃くなっていく。



 そしてようやくたどり着いた明神平は案の定、

大又20180610-063


 ものすごくガスってるぅん☆
 

 期待はしていなかったですが、ここまで何も見えんとは(笑)


 つかこの写真、やる気なくてボケボケやなあ。


 気が進みませんが次の目的地、桧塚奥峰に向かいます。




 みんな大好き明神平を振り返る。

大又20180610-076


 みんな大嫌いバイケイソウの中を登っていきます。


大又20180610-068


 この登りもなんだかんだで辛い。


 三ツ塚を過ぎ、巨木つらなる尾根を進むと明神岳へ。


 ここはほぼ素通りして左方向を急降下、

 桧塚へ向かう踏み跡をたどって歩いていきます。

IMGP3659.jpg


IMGP3652.jpg


 ぬかるんだ地面からぴちぴち飛び散ったドロで

 股間がすごいことになってるでござる。


 ここでも進めば進むほどガスが濃くなっていきます。


 桧塚奥峰手前の鞍部の景色でこの状況↓

 大又20180610-074


 そして大展望で有名な最終目的地の桧塚奥峰(1402.0m)は

IMGP3657.jpg


 
 眼前にとても素敵な光景が広がっていました\(^o^)/

 

 くっそ寒いのでとっとと下山。


 今後もまたこんなガス日和に山歩きが出来たらなあと

 願う僕ではありました。


 

 おしまい。
 
 
スポンサーサイト
  • [No Tag]

十津川村奥里から中八人山へ(2018/6/3)

 みなさん、こんばんは。


 先日、大峰山脈支稜の中八人山に登ってきました。


IMGP3604.jpg

 自然が豊富で人ずれしていない静かな山。

 個人的には奈良で一番好きなピークです(*^^*)


IMGP3416.jpg


 十津川村の奥里地区にある登山口から

 山に入っていく。


 この時期登り口付近はヤマヒル地獄。

 足元を見ると、そこかしこに小さなニョ○ニョロがこちらに向かってレッツダンシングしています。


 たのしそうだなあ。



 しかしマジでコケないように注意しないと。。。。




 右手に木材作業用のモノレールが見えてくると

 それもようやく収まりますが、ここからがヤブ地獄。


 目の高さに硬い枝があるので、突かないようにメガネかゴーグルが必須ですね。


 そういう僕は忘れましたが。



 
 そのまま引き続き急登地獄へ。


 あまりのしんどさに吐きそうになりました(^q^)


 

IMGP3418.jpg

 ヤブの中、見上げた空が青いのが救い。



 そんな地獄めぐりを一通り満喫するとようやく

IMGP3429.jpg

 最初のピークの石佛山付近にたどり着きました。


 ここまで2時間以上かかった><

 普通の人なら2時間もかからないと思います(笑)
 

 ここからは、歩きやすい稜線の道。

 新緑が眩しい。

IMGP3441.jpg


IMGP3430.jpg


IMGP3615.jpg


IMGP3483.jpg


IMGP3491.jpg


 同じような写真を並べてやったぜ。


 なんか騒々しい鳴き声が聞こえる木↓
IMGP3619.jpg

 穴の中に鳥のヒナでもいるのでしょうか。


 ルート上の宮ノ平ノ頭、西八人山を抜けると

 ようやく中八人山の登りに差し掛かる。

IMGP3588.jpg



 虚ろな目でたどり着いた山頂には

IMGP3505.jpg

 今までなかった山名板が。


 中八人山(1396.5m)。

 
 ここは何もないピークなのでさらに先に進み、展望の良い南八人山を目指す。


 

IMGP3542.jpg


 空は雲はあるものの概ね良い天気。

 
IMGP3517.jpg

 モコモコした馬酔木の幼木がなんだか可愛い。


IMGP3572.jpg


 右上に見えるハゲ山が奥八人山。

 もうすぐや。


 急登一本で南八人山に到達。

IMGP3559.jpg

 この山頂からは大峰山脈をはじめ、紀伊半島に存在する

 多くの山を眺めることができます。

IMGP3549.jpg


 西八人山、中八人山の背後に釈迦ヶ岳、八経ヶ岳↓
IMGP3555.jpg


 ずっと居たい大展望スポットなのですが、
 
 登りで時間を使いすぎたために早々と下山する。


 帰りは来た道を戻るだけ。



 まあ、それが大変なのがこの山の特徴なんですが(笑)



 おまけ。


 南八人山山頂付近でこの花を見かけました。

IMGP3567.jpg


IMGP3570.jpg


 八経ヶ岳で咲いているものよりなんだか赤みがかってますね。

 まあ、頑張ると良いこともあるもんだ(*´ω`*)


  • [No Tag]

ツツジ後の大和葛城山(2018/05/24)

 
 みなさん、こんばんは。



 まったくもって個人的なことなのですが、

 本日生まれて初めて胃カメラなるものを体験しました。

 
 内視鏡は鼻から挿入したおかげで

 ほとんど苦痛はなかったのですが、

 鼻炎気味で鼻腔が狭まっていたせいか、カメラが何度もひっかかり

 器具を鼻血まみれにしてしまいました。。。。


 次に使う人ごめんなさい(´・ω・`)


 結果はガンはもちろん、潰瘍もなくて

 ホッとしましたが、

 病理診断のさい、先生から胃壁が荒れまくってるねーっていわれました。


 
 写真を見ると、なるほど惨めに胃の粘膜があれている。


 今年のはじめから続く胃もたれはこのせいか。
 

 いやもうね、僕の胃壁が荒れる原因を作ってる輩どもに

 その画像を見せてやりたいと思いました(*^^*)



 朝早くからの検査だったので

 診察が終わったのがまだ正午前、今日は晴天だしこのまま家に居るのもなんなので

 少しは運動しておこうと大和葛城山へ。


 山頂のツツジも終わり、靜かな山に戻っていました。 
 
IMGP3400.jpg
 

 最近、仕事が忙しくて、近郊の山を登るのが精一杯。


IMGP3399.jpg


 かなたに霞む大峰山脈が距離以上に遠く感じる今日このごろです。


  • [No Tag]

ナメゴ谷から高塚山、一ノタワへ(2018/04/21)

 こんにちは、みなさん!

 本日、せっかくの日曜日だと言うのに

 関西地方のお天気は概ね雨ですね。


 しかも大雨。


 みなさん、おうちでのんびりやってらっしゃいますでしょうか(笑)

 僕はダラダラついでに久しぶりの更新です(*^^*)



 先月の下旬、大峰方面へ行ってまいりました。


 国道309号線の途中にある、廃された林道に入り、

 その後山桜で有名なナメゴ谷上部の

 尾根を歩きました。
天ケ瀬20161207map1


 かなりマイナーなルート。

 以前にもこのコースから奥駆道に合流後、

 大峰主稜線の弥山まで頑張って歩いたのですが、

 今回はそんな体力もヤル気も無いので中途半端に

 奥駆道を少しあるいて、さっさと下山することにしました(笑)



 国道309号線(行者還林道)を少し車で登り、

 このゲート↓から未舗装林道に入るので
20180425-034.jpg
 
 この近くの駐車スペースに車を停めました。


 ここから荒れまくっている林道を歩きましたが、

 所々にあるガレ場で難儀しました(´・ω・`)

20180425-036.jpg


 すごく歩きにくい。

20180425-037.jpg

 ↑こことか、どうやって通ったか覚えてないという。。。。


 
 やがて、目指す尾根の末端にたどり着くので

20180425-038.jpg


 なんとか取り付けそうな箇所から山に入っていきます。



 入っていきなり、

20180425-040.jpg


 踏み跡があるかなしかの急登を登っていきます。


20180425-044.jpg


 途中、倒木とかでゴチャゴチャした尾根道になったりしますが、

 構わず、登る。


 辛いだけでちっとも面白くない道ですが、

 やがて、少し傾斜が緩むと

20180425-045.jpg

 
 あまり大切にされてなさそうな三角点や


20180425-049.jpg


 ダークファンタジー系の木がコースに現れたりします。


 この日はメチャクチャお天気が良くて、

IMGP3106.jpg

 
 こんな日に山登りとかするのがもったいないほど(笑) 



 ダラダラ歩いていくと、ようやく

20180425-054.jpg


 高塚山頂上(1363.5m)に到着。

 ここは人が訪れる事も稀なピーク。

 
 


 再びあるき始める。

 ここから途中に大岩がいくつか存在するのですが

 数えて二つ目だったかな、その岩の頂上から

IMGP3114.jpg


 大普賢岳をはじめ、大峰山脈の山々を望むことができます。


20180425-071_201805131927056bc.jpg
 


IMGP3120.jpg


 やがて笹原がちの風景になってくると、

 IMGP3135.jpg

 大峰奥駆道に合流します。


 歩いてきたナメご谷上部の尾根を眺める。

20180425-073.jpg


 この日は終日好天でした。

IMGP3139.jpg


 下山は清明ノ尾を下り、奥駆道を離れます。


 ぐんぐん下りて行くと

 大木で真っ二つにされた青いオンボロトラックが見えてくるので

 そこを右折。

 かなりの急坂を下りますが、登山道を忠実に

 辿っていくと国道309号線に降り立ちます。

IMGP3166.jpg


20180425-090.jpg


 ナメゴ谷を挟んで、歩いてきた尾根を眺める↓

20180425-079.jpg


 毎年春になると、この尾根沿いにおびただしい数の

 山桜が開花するので、多くのカメラマンが撮影のために訪れます。


 今年はご存知の通り、桜の開花が早かったので

 この頃にはもう撮影する人もまばら。




 でも少しだけ桜が残ってるなあ。

20180425-081.jpg


20180425-088.jpg

 ↑の植林に挟まれた自然林の部分を

 春は山桜、秋は紅葉がええ感じに彩るのです(・∀・)


 国道を歩きで下っていくと

20180425-085.jpg


 こんなところにカモシカ君発見。


20180425-086.jpg


 合成写真ではありませんw


 なんでこんなところに居るのかは謎。


 



 


  • [No Tag]

カタクリ咲く葛城山(2018/04/18)

 
 みなさん、こんにちは!

 良い登山ライフをお楽しみでしょうか!


 僕は今年に入ってからは

 休みになっても家で寝ていたり、

 ようやく山に行く気分になっても途中で引き返してきたり(笑)

 とロクな生活を送っていません!!

 
 ほんと、怠惰な日常をおくっています。
 

 このブログを更新するごとに

 僕の体重も日々更新されていると思っていただいて

 間違いはないと思います(もちろん増えている方向に)


 
 そんな僕でも低山ならたまには登る。


 先日、カタクリを観に地元の大和葛城山に登ってきました。



 このブログでも何度も何度もネタにしたことのあるこの山、

 麓から見るとこんな感じの低山です↓

IMGP2581.jpg

 
 大体1000mにちょっと足りない標高の山。


 でも都市近郊の割にけっこう植物が豊富で

 どの季節でもそれなりに見るものはある、良い山ですよ(*^^*)



 上の画像に写っている菜の花を接写してみた。
IMGP2432.jpg


 ↑インスタグラムとかに同じようなものが

100万件ぐらいありそうな写真になりました(笑)


 カタクリが咲くのは山頂付近。

 そこまでなまった重い体を引きずってゼェゼェ登らせていただきました。


 植林を抜け、林相が雑木林に変わると

 かなりの数が咲いていました。

IMGP2442.jpg


IMGP2460.jpg


 満開からやや終わり気味の感じ。

 花弁がしなび始めているものがけっこう多かったです。


IMGP2475.jpg


IMGP2489.jpg
 
 
 花見に来たおばちゃん団体多し。

 めったに見ない花に興奮して、やたらうるさいったらありゃしない。


 まあ、ええがなw




 カタクリは関西ではかなり限定された地域でしか

 自生しないので、ここのものは貴重ですね。


 
 この後、山頂を折り返して下山しました。




 今回の「幸せの鐘」↓

IMGP2497.jpg


 鐘そのものに「愛の鍵」くっつけた不謹慎な奴はだれだろう。


 青テープと重なって、どっかの国旗みたいでちょっとかわいいけど。。。。

  • [No Tag]